ホームトレーニングデビュー

ダンベルとベンチ筋トレ体験談

フィットネスクラブ休館でホームトレーニングデビューしました

スポンサーリンク

ボディテック・フレックスベル 可変式ダンベル

新型ウイルスの影響で通っていたフィットネスクラブを休会しています。しばらくは、自重トレーニングに励んでいたのですが、自重トレーニングでは限界のあるのも事実。やむを得ずインクラインベンチとダンベルを購入しました。

もともとあまり重い重量を扱える訳ではないし、重いダンベルを静かに下ろす自信もなかったので、通販のレビューが32kgダンベルを進める中、20kgダンベルを購入しました。購入したのは、「ボディテック・フレックスベル 可変式ダンベル」です。

旧型らしく4キロ刻みでしか重さを変えられませんが、グリップをひねるだけで重量調節ができるのはすごく楽です。レビューにプレートの面取りをされていないのがマイナス評価をされていた方がいましたが、まったく気になりません。仕上げが上質で、高級感があります。リビングの隅に置いていても、部屋の雰囲気を壊すほど武骨な感じでもありません。

重量が20kgまでなので、脚のトレーニングには不満がでますが、他の部位に関してはヘタレトレーニーには最適な重さです。

LEADING EDGE マルチポジション トレーニングベンチ

ダンベルだけではできることに限りがあるので、合わせてベンチも購入しました。「LEADING EDGE マルチポジション トレーニングベンチ」という商品です。インラインだけではなく、デクラインもできる商品で、脚を折りたたむことができるので、狭い場所に収納可能です。私は使用したらリビングのサイドテーブルと壁のすき間に立てかけて収納しています。

ベンチ

このベンチ、耐荷重は300kgあるそうですが、軽量に作られているので、トレーニングの度に出し入れするのは、それ程苦ではありません。シートはとても上質で、クッション性も問題ありません。ただ、大きな不満があります。それは、加工精度が低いこと。溶接が直角を取らずになされているようで、製品にゆがみがあります。下の写真を見てもらえばわかるように、インクラインにしたときに、中央からズレていることがわかります。あまりに酷いので、販売店に問い合わせた所、このベンチの構造上、左右差やガタツキがあるのは仕方ないとのこと。ただ、安全性には問題ないので、そうなっていても大丈夫だという回答でした。

ベンチ

ちょっと怪しい気もしますが、今はこれに代わる軽くて収納スペースの小さいベンチがないので、使い続けるしかありません。できるだけ長持ちしてほしいのと、使用中に壊れて怪我につながることのないようにと祈るばかりです。

ダンベル、ベンチともアマゾンで3月末に購入しましたが、今はなかなか手に入らないようですね。タイミングが良かったと思います。これで、フィットネスジムに通っていた時のメニューの8割近くはこなせるようになりました。しかも、フィットネスジムに通っていたころより良かったこともあります。これについては、次の機会に投稿したいとおもいます。

コメント