フィットネスクラブあるある‐振り回す人たち

ダンベルを振り回す人を描いた漫画 漫画

フィットネスクラブあるある‐振り回す人たち

フィットネスクラブあるある「振り回す人たち」漫画

振り回す人たち

オチが古くてすみません。何のことだか分からない方は、「海老一 染之助・染太郎」で検索してください。

フィットネスクラブでよく見る風景

最近ではあまり見かけなくなりましたが、傘をゴルフクラブに見たててスイングをするおじさん。ひと昔前は、電車待ちの駅のホームでは必ず見かけたものです。あの人たちは何処へ行ってしまったのでしょうか。そんなことを思っていると、ふと傘スイングおじさんの新たな生息場所に思い当たりました。それは、フィットネスクラブです。

振り回す人たち

ダンベルをゴルフスイングのように振り回す人がいます。中にはダンベルをラケットやバットに見立てて振っている人もいます。極めつけは、グルグルと肩を中心に腕を回す人間プロペラみたいな人も、、、。こんな人たちを見ると気が気ではありません。もしすっぽ抜けでもしたらどうするつもりでしょう。それが人にでも当たればと考えると恐ろしい限りです。

なぜダンベルを振り回すのだろう

この人たちはなぜダンベルを振り回しているのでしょうか。ダンベルは重力に逆らって持ち上げるときに筋肉に負荷がかかります。遠心力を利用して振り回したら、関節に無理はかかるかもしれませんが筋肉に負荷はかかりません。ですので、筋トレとしての効果はほとんど望めません。もし、フォームを練習するためなら、ダンベルなどという形状も重さも違うものではなく、ゴルフクラブやラケットを持ってスイングした方がはるかにいいのではないでしょうか。私にはダンベルを振り回す必要性がよくわかりません。

フィットネスクラブの関係の方へ

ダンベルを勢いよく振り回すというのは、人の命に係わる危険な行為ですが、会員同士が人のトレーニング方法にとやかく言うのはトラブルの元です。ぜひ、フィットネスクラブの関係者の方は、危険なトレーニングに対しては、毅然とした態度で注意をしていただき、日ごろから危険行為に対する注意喚起をお願いしたいと思います。

コメント