運動を継続できるフィットネスクラブの料金プラン

筋トレ初級編

運動を継続できるフィットネスクラブの料金プラン

どの料金プランを選べばいいの?

フィットネスクラブには様々な料金プランがあります。シニア割引のような制度もあれば、回数によって料金の違うプラン、中には1回ごとに利用料を払うものもあります。ここでは、運動を継続するという視点で最適な料金プランを考えてみましょう。なぜなら、フィットネスクラブに短期間だけ通っていても意味がないからです。これからの人生を最後まで健康にいるためには、一時的なフィットネスクラブ通いではなく、継続した運動が必要です。長く通い続けられる料金プランを考えてみましょう。

安ければ安いほど良いか?

フィットネスクラブの会費が家計の負担になるようでは長く続けることは難しいでしょう。しかし、安ければ安いほどいいという訳でもありません。公共の施設などの中には安い料金で利用できるところもあります。ただ、安い所は安いなりの理由があります。そのひとつが、設備に関することです。会員からなるべくお金を取らないように運営するには、設備にお金をかけないようにするのが一番です。一度購入した設備はできるだけ長く使ったり、なるべく安い物品で賄ったりすることになります。どうしても高くつくトレーニングマシンの台数は少なく、安価に揃えられるバーベルやダンベルなどのフリーウェイトが中心になっているようなところも多いでしょう。
フリーウェイトトレーニングは、初心者には難しいこともあるので、可能なら初心者が扱い易いマシンが充実したフィットネスクラブを選びたいところです。初心者にはある程度設備の整ったところでの運動の方が、怪我が少なく、効果も出やすいでしょう。高い安いだけではなく、フィットネスクラブの内容を考えましょう。

元を取るために運動する

別段食い意地が張っているという訳ではないのですが、私はランチバイキングにいくとどうしても食べ過ぎてしまいます。高いお金を払っているのだから元を取らなくっちゃと思ってしまいます。その気持ち、フィットネスクラブの料金プランに置き換えられないでしょうか。高いお金を払っているという意識があると元を取ろうと無駄にしないように運動をします。しかし、無駄にしても惜しくない料金だったらどうでしょう。元を取ろうとしてまで、運動をするでしょうか。
このように払った金額は運動のモチベーションに関係します。私が、料金の安いプランをおすすめしない理由のもうひとつがこれです。わたしは、少し高いけれど出し続けられない金額ではない料金プランがいいと思っています。(同じ内容なら少しでもお得なプランが良いのは言うまでもありません。)

都度料金プランは最悪のプラン

継続するという意味では、都度料金プランは最悪です。都度料金とは、施設を利用する1回ごとに料金を払う仕組みです。使っただけしか払わないので合理的なようですが、月会費プランと比較すると割高に設定されていることが多いようです。
さて、都度料金で施設を利用すると1回の利用に慎重になります。この利用にお金を払うのだから、十分時間がある時でないと損だと考えたり、折角だからしっかりトレーニングしようと考えたりします。つまり、1回あたりのハードルが上がってしまうのです。
人は、体調のいい時も悪い時も、気分の乗る時も乗らない時もあります。それが、都度料金で利用しようとするといつも最高の状態で臨まなくてはなりません。また、折角だからとトレーニングを頑張り過ぎると、次にまたそんなしんどい思いをしないといけないのかと考えてしまい嫌になってしまいます。初心者の方が続けるには、すこし怠けても大丈夫だというぐらいの気持ちが必要なのにかなり緊張を強いられる料金プランです。お試しに何回か使ってみる場合にはいいでしょうが、続けるつもりなら最悪のプランです。

回数制プランとフリープラン

月4回までとか月8回までとか、利用できる回数が設定された定額プランと何度でも利用できるフリープランを選べる場合があります。運動頻度をどう捉えるかで変わってきますが、週2で運動すると月8回、週3で運動すると月12回必要です。
運動の効果が感じられるためには週2~3回必要でしょう。週1回ではちょっと少なすぎるかもしれません。ところで、フリープランなら何度でも利用できるので、今月はいつもよりたくさん利用することもできます。
退職されて時間に余裕のある方ならフリープランは価値のあるプランになると思います。一方、お仕事などがあって、時間に制約のある方はフリープランの方がたくさん利用できるとはいえないかもしれません。
私自身の経験で恐縮ですが、フィットネスクラブに入会してから20年余りずっとフリープランに入っていました。ある時クラブの料金体系が変わり、そのフリープランが急に高くなったので、経済的理由から回数制プランに変更せざるを得なくなりました。ところが、考えてみるとフリープランの時より、回数制プランになってからの方が、よくフィットネスクラブに通っています
どうやら、先のランチバイキングのように元をとろうと決まった回数は必ず利用しようとしているのです。フリープランでは何回という縛りがなかったので、回数に無頓着であまり通っていなかったという訳です。

このページでは、フィットネスクラブの料金プランについて私の体験を交えながらお話してきました。それぞれ仕事や生活実態に合わせてフィットネスクラブに通う回数を考えていただき、最適なプランをお選びください。

 

コメント