筋肉痛は筋肥大のために必要か

筋トレ

筋肉痛は筋肥大のために必要か

筋肉痛イコール筋肥大ではないとはいうものの

久しぶりにトレーニングをしたり、初めての種目に挑戦したり、普段使わない筋肉を使ったりした時に筋肉通を経験します。この筋肉痛をトレーニング強度のバロメーターのように考えられている方もいます。確かに強い筋肉痛になれば、そのトレーニングは効果的であるような気がします。

しかし、最近では筋肉痛の有無はトレーニング効果と直接関係がないという話をよく聞くようになりました。筋肉痛イコール筋肥大ではなく、筋肉痛を起こさなくても十分な刺激が筋肉に与えられていれば、筋肉は大きくなるというのが昨今の常識のようです。確かにトレーニングを続けるほど筋肉痛は起こしにくくなりますし、筋トレの上級者の方がいつも筋肉痛を感じている訳でもなさそうです。

筋肉痛にならない筋トレとなる筋トレ

そんな情報もあって、私も筋トレに筋肉痛は不要だと考えていました。何より、かなり頑張ってトレーニングしても筋肉痛にならないのですから仕方ありません。筋肉痛を起こさなくても効果があると信じるほかなかったのかもしれません。

しかし、最近ではパーソナルトレーニングを受け始めて、ほぼ毎日のように体のどこかが筋肉痛です。パーソナルトレーニングを受けた日はもちろんですが、それ以外の自主トレでも筋肉痛になります。

十分に刺激を与えれば自然と筋肉痛が起こる

どうしてこんなことが起こるのでしょう。これは、これまでの私のトレーニングが筋肉痛を起こすほど追い込めていなかったということに尽きると思います。使っている筋肉を意識して、それ以外の筋肉をなるべく使わないように気を付けながら、できるだけ大きな可動域で動かす。トレーナーから教わったことを思い出しながら行うことで、ひとりのトレーニングでも筋肉痛を起こすほどの負荷をかけられるようになったのでしょう。つまり、いままでのトレーニングでは、筋肉に十分な刺激を与えられていなかったということです。

確かに筋肉痛は筋肥大の必要条件ではないのかもしれません。しかし、最近では、筋肉に十分な刺激が与えられていれば、自然と筋肉痛は起こると思うようになりました。筋肉痛を追い求める訳ではありませんが、しっかり筋肉に効かせられるトレーニングを行っていこうと思います。

コメント